FC2ブログ

晴川雨読

晴れている時は川へ、雨の日は川に関する情報収集をします。

未使用と不使用

Oracleのマニュアルを見ていたら、「未使用列の削除」とあった。

未使用の列に対して実行できるアクションはALTER TABLE...DROP UNUSED COLUMNS文のみです。表から未使用の列を物理的に削除し、ディスク領域を再生します。


いや、それ言うんだったら、「使用列の削除」でしょう。機械翻訳だろうから仕方ないかもしれないが(校正しろって感じだが)、「不使用」というべきときに「未利用」ってしているのを良く見つける。

オークションで出す時に、「不使用品」を、「未利用です」ってだしたら、詐欺ですからね。
「不」=「NOT」、「未」=「NOT UNTIL」でっせ。「未」って「未だ、XXせず」ってことですよ。
「未来」は「未だ来ていない」から「未来」なんですよ。
社会人になって、この間違いを何回会社で指摘しただろうか。

「未だ、未完了です」みたいな報告を上げてくる奴がいる。
否定の否定だから、完了したんだよね?っと突っ込みを入れるけどね。

正しいかは知らないが、「非」「不」「未」「否」「無」は次のように自分は認識している。
不:単純な NOT。良い意味でも悪い意味でもない。
非:悪い意味でのNOT GOOD.
未:NOT UNTIL
否:感情的に嫌って意味で使う。NOT LIKE.
無:ある/ない、という比較で使う。NOT EXISTS.

ちなみに、”未”を名前に付いている人がいる。
未来(みく)とか。否定の言葉を名前に付けるのってどうかと思うが、学が無い人が親なんでしょうね。

スポンサーサイト

デマ

デマ を Wikipedia で調べると、

本来は政治的な目的を持って意図的に流す嘘のことであり、転じて単なる嘘や噂、流言などを指すこともある。

とある。
なんでデマの話になったかというと、日経ビジネスで「早読み 深読み 朝鮮半島」という連載を書いていた鈴置高史氏が今何やっているんだろうと調べた時に、鈴置高史氏によるデマの飽和攻撃に対して一部でも指摘しておく というブログの記事を見つけたからだ。

鈴置氏は「21日から22日にかけ、韓国メディアは一斉に「火器管制レーダーも使ったが、北朝鮮の漁船を救助するためだった」との国防部と関係者の説明をそのまま報じ」たと言っていますが、韓国各紙の21日から22日の報道内容は以下の通りです。
・・・中略・・・
「火器管制レーダーも使った」などとは言っておらず、「射撃統制レーダー」とは別個の「探索レーダー」を使用したと報じています。


韓国メディアが「火器管制レーダーも使った」とは言った事実は無いのに、「火器管制レーダーも使った」と記事にしたのはデマであるとブログ主のscopedog氏は主張しているそうです。

これを「嘘や噂、流言」と言い切れるものでしょうかね?
scopedog氏は、ハンギョレの以下の記事の引用をしています。

韓国軍関係者は「当時、波が高く気象条件が良くなく、駆逐艦のすべてのレーダーを総動員していた」として「この過程で射撃統制レーダーについた探索レーダーが360度回転し撃った信号が日本海上自衛隊のP1哨戒機に探知されたものと理解する」


駆逐艦に「火器管制レーダー」が搭載されているのであれば、「すべてのレーダー」には「火器管制レーダー」が含まれますね。
ということは、少なくともデマを流している可能性があるのは、ハンギョレもしくは韓国軍関係者となり、鈴置氏ではない。
デマを広げる片棒を担いでいる可能性はあるけどね。

また、「シンシアリーのブログ」「新宿会計士の政治経済評論」というサイトについてい謝意を示してい事について

こんなのを参照しているんですから、鈴置記事のレベルも推して知るべしというところでしょう。

なんて言っています。
素人さんだから、特別謝意を示していると思うがね。
また、素人さんだから、間違っているというわけでもない。在野の歴史家とかいるけど、その人達は全く信用ならないの?
大学教授とか弁護士とかで論理的に破綻していることをしれっと言う人がいるが、肩書が良ければ信用できるものでは無い。

scopedog氏の書いている事は変なものばかりかというと、そうではない。
結構ちゃんとした指摘をしているので、読んでみると良いと思う。
駆逐艦と海洋警察の船があそこにいたのは、瀬取りのためという意見があることに対して、そんなはずはない!
という意見しているが、矛盾なくその通りだと思う。

色々記事を見たが、その傾向をまとめる
1. 何かを否定する時には、その根拠を明記している
2 中国、ロシアに関して苦言を呈している
3. 韓国単独のことについては、文句を言っている(現政権の経済政策など)
4. 韓国と日本が係る事案の場合、韓国側が正しく、日本側が間違っているというものになっている

4について何個か記事を例に見てみる。


「日本統治時代がらみなら何でも請求できるのか」とか逆ギレする産経 という記事について

人権侵害行為の賠償責任をうまい事韓国政府に押し付けてやったぜ、という極めてゲスい主張に他ならず、それを恥じる感覚すら麻痺した社会であることを示してもいるわけです。


とscopedog氏は言っているが、シンシアリー氏のところには、以下のようにある。

日本側:補償金とはどういう性格のものを言うのか。

韓国側:未収金とはその時点での規定により受けるべきだったものを、受けていないことをいい、補償金とは生存者、負傷者、死亡者を含む被徴用者への補償、すなわち精神的苦痛に対する補償を言うものである。そして、彼ら被徴用者には軍人、軍属を含める。
・・・中略・・・
日本側:被害者個人について補償してくれというのか。

韓国側:私たちは国家として請求する。個人に対しては国内で措置する。

日本側:私たち側では、このような人たち、そしてその遺族に対して相当な援護措置をしているし、韓国人被害者に対しても可能な限り措置したいと思っているが、韓国側が具体的に調査してくれる用意はあるのか。

韓国側:もちろん出来ると思うが、この会議とは直接的関係が無いと見る。被害者に対する補償は私たち国内で措置すべき性質のものだと思っている。


こっち(日本)が言い出したことじゃないんだけどね。
日本側がやるといったのに、韓国側が精神的苦痛についても、自分たちが補償するといったので、それで基本条約を結んでいるんですよ。

車(日本)とバイク(韓国)が事故をおこしました。車がバイクに300万円で和解しました。
バイクの主は和解金もらったけど、家族にはもらったことを言っておらず、パチンコに全額使ってしまった。
旦那はそのことは言えないので、和解金はもらえず、謝罪もしてもらわなかったと家族に伝えていた。
事故で会社を休んでしまったので、それが原因で会社を首にになった(実際はもともと勤務態度が悪くそれが原因)と家族に言っていた。その後仕事が見つからず家族は苦労した。
こんな前提で、後で、慰謝料は和解金に含まれない、事故で仕事に行けなかったからその分の補償をしろ、
などバイクの人の嫁・子供が言ってきたら、どっちがゲスイ考えの人でしょうかね。
これと一緒ですけどね。

ここでバイク=韓国としたが、本当は車としても良いのだけど・・・
(中国・フィリピン・インドネシアなどが植民地支配がどうのこうの言うのはわかるが、朝鮮は植民地支配じゃなく併合だけどっていうのはここでは横に置いとくけど)


産経新聞は「訂正・おわび」記事をどう取り扱っているか という記事について

朝日新聞が慰安婦報道の訂正記事についてメタタグをつけて検索エンジンに引っかかりにくくしていることを産経新聞が批判した。
しかし、産経新聞が別の件の訂正記事にも似たメタタグつけているとscopedog氏は批判している。
う~ん、それは本質ではないのですよね。

朝日新聞は他の記事にメタタグ埋めていないのに、訂正記事に埋めている。
産経新聞は他の記事にも同じメタタグを埋めている。
この違いおわかり?


というわけで、意識的かどうかはわからないが、都合が悪いことは目に入ってこない模様だ。

レーダー照射事件で自分が最も不可解なのは、海上自衛隊の哨戒機からの何度も無線で連絡取ろうとしたのに無視したってこと。
その場に3艇しかいないのだから、しつこく無線できていれば、海洋警察・海軍どちらかが応答してしかるべきでしょう。
艦艇番号(どういう呼び方していたか忘れた)も言っているのに答えない理由がわからない。
後で、低空・近距離を哨戒機が飛行して危険だと文句をいってが、その場で無線で伝えることをしない理由もわからない。

scopedogは、これにつて、海洋警察に言ったように聞こえたとか、海軍艇のよびかたが普通のものでなかったとしか言及していない。

きっと、韓国メディアは嘘言わないと思い込んでいるというのが、韓国(正義)/日本(悪)となる原因なんでしょう。
なんで、そう思えるかがわからないが。

韓国のメディアは日本のメディアと違って、政権に忖度したりしませんので記者会見での追及はかなり厳しいと言えます。
・・・中略・・・
そのため、記者クラブ頼みの日本メディアのように政権の誘導によって「誤報させられ」るといったことはあまり生じません。


日本の記者クラブは評判悪いからね。
韓国は記者クラブはないけど、政権に都合の悪いことを書いて、グループSMSからボイス・オブ・アメリカがそこから外されたっていうの読んだことある。それと記者クラブの違いは何でしょうね?
産経新聞の記者が朝鮮日報の記事を引用してコラムを書いた件で名誉棄損で逮捕されたときに、それがおかしいと訴えたメディアはありました?

デマの話に戻るが、デマかどうか見分けるすべを持たないといけないと思う。
客観的・論理的・科学的に言っていることに矛盾がないかどうかで、自分は判断するようにしている。

一覧とは

お仕事で「一覧で書くように」と指示をしたところ、文章でダラダラと書いたものを持ってきたので、こんなの一覧とは言わん!と突き返した。
ほら、「一覧」って辞書ではこうなっているだろう?って言おうと思ったら、辞書がいただけない。
コトバンクなるところが引っかかったので見ると、

1 ひととおり目を通すこと。「書類を一覧する」
2 全体の内容がわかるように簡明に記したもの。一覧表。「品目一覧」

とあり、今回は2の意味です。
「全体の内容がわかるように簡明に記したもの。」≠「一覧」ですよ。どんな偉い先生たちが集まって作った辞書か知らんが、おかしいでしょ。
「覧」って"見る"ってことよね。
ストレートに書くと「一つの表現形式で羅列されて見ることが出来るもの」ってことね。
もう少しわかりやすく書くと「一つの形式で羅列されて書かれたもの」って感じですかね。

グラフや表は「全体の内容がわかるように簡明に記したもの。」だけど、一覧とは言わん。
グラフや表になっているものを、一覧で書いたらとてもではないが、「全体の内容がわかるように簡明に記したもの。」とは言えん。

ノーベル賞受賞者の言葉だが「教科書に書いてあることを信じない。」って、まさにその通り。
教科書だったり、辞書だったり、それらが全て正しいとは限らない。なんでも鵜呑みにせず自分で考えろってことよね。

VirtualBox + AMD 64bitホストOS

VirtualBox に CentOS/Redhat Enterprise Linux/Oracle Enterprise Linux の 32bit/64bit をいろいろな設定でインストールしようとしても全部出来なかった。
インストールして最初のリブート時にエラーで落ちるし、再起動後の初期設定でも kdump の設定の後同じように落ちてつかえない。

使っているマシンが DELL の INSPIRON 15 M5030 というやつで、ホストOSが Windows7 64bit、CPU が Athlon Ⅱ P320 という代物。
AMD Virtualization(AMD-V)をBIOSで有効・無効にしてみたがだめ。
VirtualBox + AMDの相性がわるいもよう。

最近、VMwareを使っていなかったのでしらなかったが、VMware Serverはもうサポートされず、個人Useでは、VMware Player でVMイメージを作れるようになっていたので、そっちでやってみたらあっさり32bit/64bitともにインストールできた。
ユーザ数の違いが品質の違いにあらわれているのかも。

ちなみ、microsoft の Windows7 HomePremium でも動く仮想化ソフト(名前は忘れた)も入れてみたが、VirtualBoxよりもダメだった。

なんで東電だけ叩かれるのか?

最初に断っておきますが、私は東電の利害関係者ではありません。
原発事故で、東電ばっか叩かれれ、リストラしているのにすごい違和感があります。
日本航空と同んなじで良い給料・年金もらっているからっていうのもあるかもしれません。
しかし、原子力行政に関わっていた・いる公務員が何の責任も取らない・追求されないのは納得がいかない。
奴らの年金全額カットしたって良いぐらいだ。
よく企業が不祥事を起こすと、監督省庁に行ってふんぞりがえっている役人に詫びをいれている画を見る。
しかし、詫びる相手は実際に被害をこうむった消費者等にすべきで、役人は監督不行で一緒に謝り、処分されるべき。
次のページ

FC2Ad