備忘録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテリアライズドビューのSELECT文のサイズ制限

ORA-32411: マテリアライズド・ビュー定義の問合せが最大長を超えています
原因: マテリアライズド・ビュー定義の問合せが制限値64Kを超えています。
処置: マテリアライズド・ビュー定義の問合せを変更し、最大長である64Kを超えないようにしてください。

が起きて、返す行のカラムのデータサイズが64K超えたからかと思ってよくよく見ると、
SELECT文のサイズがオーバーしているとのこと。
タブではなく空白を使っていたり、コメントをたくさん書いていたので超えたらしい。

昔は、ただのSQLで長さ制限があって、マテビューはその名残りなんだろうと思われる。

コメントを削って、TABにして作ってあったマテビューが突然リフレッシュできなくなった。
よくよく調べてみると、DBの文字コードがShift_JISからUTF-8に変えられていた。
マルチバイト文字が3/2倍になって、64Kを超えてしまったらしい。


その他の制限は↓が参考になる。
Oracle 性能限界
データベースの制限事項

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ncdkayak.blog.fc2.com/tb.php/18-5dd2c010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。