備忘録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Virtual Box

久しぶりのブログです。

今回は、VirtualBoxのインストールです。
Oracle TimesTen In-Memory Database Cache を試そうとおもったが、環境を作るのが面倒でVMイメージころがっていないか探したらDatabase App Development VMというイメージがOracleのサイトにあったのでそれを使うことにした。

VirtualBoxは VMWareほどメジャーじゃないが、インストールの仕方とかはネットに出ているので省略。
今回特に何も調べずいきなり全部デフォルトでインストール。

インストールして、イメージをインポートして起動ってDownloads and Instructionsのリンク先に書いてあったのでその通りに。
VirtualBoxマネージャの画面が日本語化されていたのにはビックリした。ちなみにバージョンは4.2.4

「起動→」ボタンで起動すると”memory for crash kernel not within permissible range”というメッセージが出てだんまり。
VirtualBox Startup Error


Google先生で日本語のサイトを検索したら、kdumpがどうのこうのというのしかなく関係ないものしか見つからず。
英語のサイトを見るとOracleのwikiに情報があった。
「After importing the VM, go to the Settings, System, Motherboard tab and set Enable I/O APIC and Hardware Clock in UTC Time」
とのこと。
VirtualBox System Config

設定して起動すると見事に立ち上がった。
理由はちゃんと調べていないが、Windows7, 64bit, AMD, UNIX/Linuxなどが関係しそう。

ちなみにユーザ情報とは以下。
OS User Name/Password: oracle/oracle
Oracle Service Name: orcl
sys password: oracle

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ncdkayak.blog.fc2.com/tb.php/32-b23f301a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。